5/14/2021

新田タオルのギフトボックス販売開始しました。

こんにちは、新田タオルです。

前々回の投稿で、新田タオルのタオルギフトボックスが完成したと書いていましたが、ようやく撮影とページ完成しました。

新田タオル ナチュラルギフトボックス
新田タオル ナチュラルギフトボックス

写真では3サイズしか掲載していないですが、ご購入いただいた商品の大きさに合うギフトボックス をこちらで選び送らせていただきます。
料金は一律330円(税込)です。

こだわった点はオリジナルボックスではなく、あえて既製品の箱を使っているところです。
近年、フリマサイト等で、個人でも物を発送することが多くなっていますので、2次利用してもらうのが狙いです。

環境に配慮しものづくりを努める新田タオルらしさを表現できたと思います。

新田タオルでした。


4/28/2021

4重ガーゼ作りました。

こんにちは新田タオルです。

ようやくガーゼ出来上がりました。

何十回と組織を作って、試織して、失敗してを繰り返してようやく組織完成しました。

生タオル 4重ガーゼ

もちろん生タオルなので、無染色・無糊・柔軟剤なしの、糸そのものの製品となっております。

生タオル 4重ガーゼ

仕上げにタンブラー乾燥機にかけて、くしゃっとなるように仕上げました。
使えば使うほど、味が出てくるこの4重ガーゼはクセになること間違い無いです。タオルとはまた違った魅力があります。

中までしっかりと織られています。
この4重ガーゼ は、ガーゼを重ねて縫製したのではなく、立体的に織ることで、1度に4層生地になるように織っています。
織物の組織がややこしいです。

ちなみに茶色の線は、ガーゼとガーゼとを動くのを防ぐ接結部分です。
適度にこれを入れないと揺れ動いて使いづらいので。
入れすぎると、ガーゼとガーゼ間の空気の層ができにくくなります。
もちろんこの茶色の糸は染めていない自然な色のままのカラードコットンです。

今年の6月くらいに販売できたらなと思います。

よろしくお願いします。

新田タオルでした。


4/14/2021

ギフトボックス出来上がりました。

こんにちは、新田タオルです。

今回はご要望が多かった、ギフトボックスを完成しました。

何通りもデザイン案出して、新田タオルの思いを詰め込んだものが出来上がりました。

新田タオル ギフトボックス

クラフトボックスに麻紐にオリジナルペーパータグというナチュラルなボックスになっております。

こだわった点としては、あえて印刷していない既製品の箱を使っているところです。

近年、フリマサイト等で、個人でも物を発送することが多くなっていますので、2次利用してもらうのが狙いです。

環境に配慮しものづくりを努める新田タオルらしさを表現できたと思います。

生タオル ギフトボックス

最近、ギフトの注文があったものです。
フェイスタオル 2枚
バスタオル2枚
ミニハンカチ2枚

商品に最適なサイズを選択してお届けします。

4月末まで撮影、ページ頑張って仕上げるので、もうしばらくお待ちください。

もし急ぎの場合は、メールいただければ対応いたします。

新田タオルでした。


3/30/2021

地元小学校のタオルを制作しました。

こんにちは、新田タオルです。

毎年、小学校の運動会でタオルを制作していましたが、コロナウイルスの影響で運動会がなくなったので、タオルを作らないのかと思っていましたが、記念ということで作ることになりました。

2020年度日新小学校タオル
2020年度日新小学校タオル

6年生がデザインしたタオルで、全校生徒約450人に配られました。
今年らしいタオルで、いいデザインです。

2020年度日新小学校タオル
2020年度日新小学校タオル

少し薄手のムコタオルにプリントしました。

自然環境に配慮したムコタオルに平和を願ったデザイン。


自画自賛ですが、いい出来栄えだと思います。

コロナウイルスの影響で、ことごとくイベントが中止になり、タオルの別注が少なくなりましたが、いつもと違った形でのタオル制作の依頼があり嬉しく思いました。

新田タオルでした。


2/17/2021

タオルのヘムとミミ(耳)の違い

こんにちは、新田タオルです。

タオルのヘムとミミ

業界では当たり前のように使われている言葉ですが、ぜひ違いを覚えていってください。

フェイスタオルでいうと、

短い辺の縫製部分がヘム、
長い辺の縫製部分がミミです。

ヘムとミミ

ミミはどのタオルもあまり変わりませんが、
ヘムはタオルによって様々な種類があります。

新田タオルに限らず、どのタオルメーカーさんもタオルのヘムにこだわっているところが多いです。

ヘムのデザイン

上図が弊社がよく使うヘムの柄で、
上から、平織、のこぎり柄、斜線となっています。

また、幅が広いヘムも作ることが可能で、デザイン性の幅を広げることもできます。

ヘムのガーゼ織りとサテン(繻子)織り

上図のピンクのヘムがボーダータオルに採用したヘムで、ガーゼになっており、軽やかな印象です。

茶色のヘムが生タオルに採用したヘムで、サテン(繻子)織りになっており、横糸が表側に浮かび上がる織り方で糸の風合いをより味わっていただく織り方です。重厚感もあります。

ヘムはタオル全体からすると一部ですが、タオル作る側からするとすごくこだわっています。

普段みなさんが使っているヘムはどんなヘムですか?

ぜひ見てみてください。

新田タオルでした。