9/30/2021

糸から日本製にこだわるモノづくり

こんにちは、新田タオルです。

今回は新田タオルの定番商品「ムコタオル 」に使われている糸の紹介です。

基本的にタオルに使われている糸は綿です。
(最近はポリエステル・レーヨン等化学繊維が使われることはあります。)

新田タオルの定番商品「ムコタオル」の糸は島根県出雲市に工場を持つKBツヅキで製造されます。

約3年前の2018年に島根県出雲市のKBツヅキに工場見学行ったときの写真がありました。

世界中から原綿を輸入しています。圧縮梱包されているのでこの1ブロックで約200kgです。

このままではまだは葉くずが残っている状態です。

ここの工程で圧縮梱包されていた原綿をほぐして葉クズもある程度除去します。

カード工程と呼ばれ、不要な繊維を粗めに取り除き、太い糸にします。

この太い糸を多湿空間で熟成させます。これにより糸のボリュームが増し、ソフトな風合いになります。

熟成させた太い糸を撚りながら細い糸にします。

※KBツヅキは本来の綿糸製造工程で必要な荒糸にする工程が独自の技術によりカットされています。
工程をカットすることにより、綿への負担が低減されています。

できた糸を繋いで扱いやすい大きさにします。
ちなみに繋ぐ際は端同士を空気でほぐし結合させるので、団子結びなようなつなぎ目はありません。

人の手により検品出荷せれます。

それがこのまま弊社に直送されます。

最近の写真です。画質が急に変わります。技術の進歩も味わってください。

新田タオルでは無糊でタオルを製造しているので、ダンボールから出したそのままの糸を使用しています。

本来のタオル製造に必須な糊付け工程をカットすることにやり、環境に配慮し、また工程をカットすることにより綿糸の負担を減らし、自然で柔らかい風合いとなります。

新田タオルでした。


2/14/2021

阪急西宮ガーデンズの泉州タオルショップの1番人気商品とは

こんにちは、新田タオルです。

先月の11月にオープンした泉州タオルの直営店である、「SENSHU TOWEL 1887」にオープン以来3ヶ月ぶりに行ってきました。

SENSHU TOWEL 1887
SENSHU TOWEL 1887

オープンしてからタオルの置き場が変わっていたり、商品も少し増えていました。

私が気になっていたのが、

泉州タオルの直営店である

「SENSHU TOWEL 1887」の人気ナンバー1商品

エアリーシュ

新田タオルの商品ではなく、ツバメタオルさんの「エアリーシュ」でした。
悔しいですね。

こちらの商品はパイル(タオルのループ)にスーパーゼロという特殊な糸を使用した商品で柔らかく、吸水性も高くなるのが特徴です。

スーパーゼロ

普通の綿糸と水に溶ける糸を合わせ、その合わせた糸でタオル生地を織り、染工場で水に溶ける糸を溶かして洗い流すとふんわりとしたタオルができます。

やはり柔らかいタオルが堂々のナンバー1でしたね。

弊社の生タオルに使われている糸も、スーパーゼロほど柔らかくはないですが、ギリギリ無糊で織ることができる甘撚りとなっております。ほどよく柔らかいです。

生タオル 阪急西宮ガーデンズ
生タオル 阪急西宮ガーデンズ

弊社の商品「生タオル」

生糸をそのまま織り上げ、酵素精錬で仕上げ、染色材・糊材・柔軟剤を使用しないで作った、究極のエコタオル。

普通タオルは柔軟剤を入れて柔らかく仕上げるが、この「生タオル」は柔軟剤なしで、糸の自然な風合いをそのまま残しています。

オーガニックコットン100%で、パイルには

スーピマオーガニックコットンを使用しています。

スーピマコットンは繊維が細くて長いので、光沢があり滑らかなのが特徴です。

もちろん泉州タオルなので吸水性抜群です。

新田タオルの公式オンラインショップの新田タオルショップにも置いています。
ぜひご覧ください。

生ビール、生キャラメルの次に生タオルがこないかな、、、

新田タオルでした。


2/10/2021

泉州透かし織タオルができるまで

こんにちは新田タオルです。

今回は泉州タオルのボーダータオルがどのようにして製作されているのかを公開します。

ムコタオル デイリー ボーダータオル

タオルは縦糸と横糸とパイル糸の3本から作られていて、横糸にカラー糸を使用して作ります。

カラーサンプル帳をみて、使いたい色を決めます。

スレン糸を使用しています。

(オリジナルカラーを作る場合もあります)
阪南チーズ染晒協同組合さんで定番色とオリジナルカラーお願いしています。

カラーサンプル帳1
カラーサンプル帳1
カラーサンプル帳2
カラーサンプル帳2

デザインをIllustrator等用いて作ります。

下の長方形は上のデザインに重ねると、薄い白が覆いかぶさり、タオルのイメージがわきやすいです。

ボーダータオルデザイン
ボーダータオルデザイン

タオル組織を製作して織ります。

すみません。タオル組織制作は説明長くなるのでまた書きます。

ボーダータオル試織
ボーダータオル 試織

織り上げたタオルを染工場さんで加工し、自社で縫製して完成。

ムコタオル デイリー ボーダーフェイスタオル
ムコタオル デイリー ボーダーフェイスタオル

白いパイルから透けて見える色彩が美しいです。端の部分をガーゼ織りにして軽やかに表現しました。

泉州透かし織りのボーダータオルは横糸しかカラー糸を使用していないので、オリジナルタオルを作る敷居が低いです。
タオル組織を作ってしまえば、後はカラー糸を乗せ替えすれば、色違いたくさん作ることができます。

ご要望があればオリジナルのボーダータオルの制作のお手伝いさせていただきます。

こちらのタオルは新田タオルショップでフェイスタオルとバスタオルを販売しています。薄手で使いやすくてデイリー 使用にぴったりです。

ムコタオル デイリー ボーダータオル
ムコタオル デイリー ボーダータオル

新田タオルでした。


6/24/2020

「生タオル®︎」専用織機

こんにちは、新田タオルです。

今回は弊社で1番多い織機を紹介します。

IWAMA LOOM Type-RT-500

岩間織機のIWAMA LOOM Type-RT-500です。

昭和62年製造の織機で今から30年以上前の織機になります。今でも何台も動いてくれていて現役で頑張ってくれています。
ブログでも紹介した最新型エアージェッット織機の回転数が半分以下のスピードで織っているスローメイドです。

「生タオル」は縦本数が従来品の1.5倍と高密度で織っているので、無糊で織るのにとても苦労しました。昼夜付きっきりで機械の調整した日もあり、私のとって思い出深い織機です。

おさ(糸が通っているクシ)に糸を何回も通し変えました。
合計したら何万本も。気が遠くなる作業を何度も行ってきたので、思いが詰まっています。
結局企画から生産まで1年かかりました。

生タオルはオーガニックコットンを100%使用しています。
酵素で精錬を行い、糊材・染色材・柔軟剤不使用なので、糸本来の色味と風合いになっております。

生タオル フェイスタオル&ハンドタオル ナチュラルグリーン
生タオル フェイスタオル バスタオル

このスーピマオーガニックの黄身がかった光沢のある自然な感じと、カラードコットンの色合いの組み合わせがたまらなく気に入っています。

織機の紹介でしたが、最後商品の紹介になってしまいました。

次のブログは商品について書こうかとあもいます。

新田タオルでした。


6/9/2020

IWAMA製 レピア織機 弊社現役最古型

こんにちには。新田タオルです。

前回のブログでは、最新型エアージェット織機のことを書きましたが、今回は弊社で現役で動いている織機を紹介したいと思います。

IWAMA LOOM Type-RT-3B

この機械は1979年製造で、約40年前の織機になります。
弊社の現役の織機で一番古い型になります。
回転数は200回転弱で、最新型のエアジェット織機の1/3ほどですが、この織機は薄いタオルがとてもきれいに織れるので、おしぼりやキッチンタオルを主に織っています。

織機のカバーが木でできています。普通は金属です。
織機の点検をするときにこのカバーを外すときに、たまに手に木のトゲが刺さり痛いです。

この格子柄キッチンを織っているのは日本で弊社だけになりました。
海外製品が特に値段が安いためです。
クオリティーが全然違いますが。

この格子柄キッチンタオルは赤と青と緑と黄色の4色あります。
他の色の在庫が少なくなってきたら、糸を切って、他の色に繋ぎ直します。

海外製品に負けじとどんどんクオリティーを高めていきます。

新田タオルでした。