12/26/2019

阪急うめだ本店9階催事 2019年12月26日〜30日

こんにちは。新田タオルです。
久しぶりの投稿となりました。

今年も阪急うめだ本店9階催事場で販売会を行います。

 

今年はなんとクラウドファンディングMakuakeで成功しました、

「生タオル」を初の一般販売します。

クラウドファンディングではヘムが白色だけですが、
ヘムが染めていない自然のカラードコットンを使用した茶色と緑色を追加しました。

パイルにはスーピマオーガニックを使用しています。

繊維長が長く、繊維が細く、しっとりとした特徴があります。

 

 

ぜひ大阪うめだ阪急本店9階催事場に「生タオル」を体感しにきてください。

フェイスタオル
ハンドタオル
バスタオル

をご用意しています。

お待ちしています。

 

新田タオルでした。


4/24/2019

「生タオル」が2019年4月23日の繊維ニュースに掲載されました。

こんにちは新田タオルです。

タイトルの通りですが、業界紙である繊維ニュースに掲載されました。
泉州タオルをどんどん盛り上げていけたらいいなと思います。

また、開始約10日でクラウドファンディングの目標金額を達成できました。

たくさんのご支援ありがとうございます。

「生タオル」について、クラウドファンディングサイトMakuakeにて詳しいことをのせているので、ぜひチェックしてみてください。

https://www.makuake.com/project/namatowel/

新田タオルでした。

 

 


4/8/2019

【クラウドファンディングに挑戦中】オーガニックコットンを使って「生タオル」をつくる

こんにちは新田タオルです。

クラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)にて弊社の新商品が掲載されています。

タオルの生感覚味わってみてください。

詳細はMakuakeで確認してください。

https://www.makuake.com/project/namatowel/

 

もし気に入っていただけたらご支援おねがいします。

 

新田タオルでした。


12/10/2018

泉州こだわりタオル展in大阪 2018


12/10/2018

今治タオルと泉州タオルについて

こんにちは新田タオルです。

よく今治タオル泉州タオルってどう違う?

とよく質問されます。

今回は今治タオルと泉州タオルについて簡単に説明していきます。

今治タオルと泉州タオルの大きな違いは、タオル製造の工程の違いです。

先晒し(さきざらし)か後晒し(あとざらし)かです。

今治タオルは先晒し、泉州タオルは後晒し。

先晒しとは、初めに綿糸の晒し(精錬、漂白)と染色を行ない、色糸でタオルを織る方法です。 

terry-1307053__480.jpg

染色した糸を織り上げタオルにするので、上記の画像のように、カラフルなタオルを作ることが可能。デザイン表現の自由度が高いです。

後晒しとは、生のまま、生成色のタオルを織り、生地になった状態で晒し(精錬、漂白)を行ない、染色を行います。

towels-2822910__480.jpg

生地になったものを染色するので、上記の画像のように、単色のタオルが多い。

最後に精錬・漂白を行ない、水できれいに洗い流しているので、清潔で吸水性に優れている。

吸水性を求めているなら、泉州タオル

ぜひ泉州タオルをお使いください。