6/24/2020

「生タオル®︎」専用織機

こんにちは、新田タオルです。

今回は弊社で1番多い織機を紹介します。

IWAMA LOOM Type-RT-500

岩間織機のIWAMA LOOM Type-RT-500です。

昭和62年製造の織機で今から30年以上前の織機になります。今でも何台も動いてくれていて現役で頑張ってくれています。
ブログでも紹介した最新型エアージェッット織機の回転数が半分以下のスピードで織っているスローメイドです。

「生タオル」は縦本数が従来品の1.5倍と高密度で織っているので、無糊で織るのにとても苦労しました。昼夜付きっきりで機械の調整した日もあり、私のとって思い出深い織機です。

おさ(糸が通っているクシ)に糸を何回も通し変えました。
合計したら何万本も。気が遠くなる作業を何度も行ってきたので、思いが詰まっています。
結局企画から生産まで1年かかりました。

生タオルはオーガニックコットンを100%使用しています。
酵素で精錬を行い、糊材・染色材・柔軟剤不使用なので、糸本来の色味と風合いになっております。

生タオル フェイスタオル&ハンドタオル ナチュラルグリーン
生タオル フェイスタオル バスタオル

このスーピマオーガニックの黄身がかった光沢のある自然な感じと、カラードコットンの色合いの組み合わせがたまらなく気に入っています。

織機の紹介でしたが、最後商品の紹介になってしまいました。

次のブログは商品について書こうかとあもいます。

新田タオルでした。


6/9/2020

IWAMA製 レピア織機 弊社現役最古型

こんにちには。新田タオルです。

前回のブログでは、最新型エアージェット織機のことを書きましたが、今回は弊社で現役で動いている織機を紹介したいと思います。

IWAMA LOOM Type-RT-3B

この機械は1979年製造で、約40年前の織機になります。
弊社の現役の織機で一番古い型になります。
回転数は200回転弱で、最新型のエアジェット織機の1/3ほどですが、この織機は薄いタオルがとてもきれいに織れるので、おしぼりやキッチンタオルを主に織っています。

織機のカバーが木でできています。普通は金属です。
織機の点検をするときにこのカバーを外すときに、たまに手に木のトゲが刺さり痛いです。

この格子柄キッチンを織っているのは日本で弊社だけになりました。
海外製品が特に値段が安いためです。
クオリティーが全然違いますが。

この格子柄キッチンタオルは赤と青と緑と黄色の4色あります。
他の色の在庫が少なくなってきたら、糸を切って、他の色に繋ぎ直します。

海外製品に負けじとどんどんクオリティーを高めていきます。

新田タオルでした。